科目名 日本文化基礎演習IC・IIIC 
副題 『古事記』を読む 
担当者 寺田 惠子 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1
2 
コース・ナンバー LIT-103-JX
LIT-235-JX 

授業の到達目標
(1)日本最古の書物『古事記』の伝説について知識を深める。
(2)辞典,索引類の使い方,注釈書,参考文献等を使った調査方法を学ぶ。
(3)自分が調べて考察した成果をまとめ,発表することができる。  

授業の内容
『古事記』中巻ヤマトタケル伝説を教材として演習します。『古事記』は1300年あまり前に書かれた,現存する日本最古の書物で,これを知ることは日本文学や文化のルーツを知ることにもつながります。この授業では,『古事記』のヤマトタケル伝説を学び,また,その本文に取り組むことによって,古典文学を読む上での基本的なスキルを身に付けていきます。  

教材
教科書:倉野憲司 校注古事記』(ワイド版岩波文庫48岩波書店

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
準備学習:レポーター以外の学生も次回の個所に目を通し,内容を理解しておく。
事後学習:読んだ個所について資料を整理し,自分の考察をまとめる。  

成績評価の方法
発表レジュメ・発表内容40%,授業参加度10%,毎回のリアクション・ペーパー20%,学期末レポート30%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は,原則として授業後の受け付け,または学科事務室を通しての連絡によるものとする。

備考
意欲的な取り組みを期待します。

授業計画
第1週イントロダクション。古事記について。
第2週演習の進め方について。 発表分担個所の決定。
第3週レジュメ作成,プレゼンテーションの方法。文献検索の方法。
第4週発表と討議(1)
第5週発表と討議(2)
第6週発表と討議(3)
第7週発表と討議(4)
第8週発表と討議(5)
第9週発表と討議(6)
第10週発表と討議(7)
第11週発表と討議(8)
第12週発表と討議(9)
第13週発表と討議(10)
第14週発表と討議(11)
第15週まとめ
演習発表の都合によって,授業計画に変更が加えられることがあります。