科目名 日本文化基礎演習IIG・IVG 
副題 現代社会を社会学的に考える 
担当者 木村 絵里子 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1
2 
コース・ナンバー SOC-123-JX
SOC-255-JX 

授業の到達目標
(1)社会学の基礎的な文献を読み,社会学の概念や考え方を理解する。
(2)文献の内容を的確にまとめ,レポートする方法を学ぶ。
(3)現代社会を捉えるための実践的な思考力を身につける。  

授業の内容
現代社会を生きるということは,どのようなことなのだろうか。「社会」とは,私たちが普段触れることのできる一側面だけでなく,諸問題が複雑に絡み合った上で成立している。このような社会の輪郭は,社会学的な見方や思考を身につけることによってある程度浮かび上らせることが可能となるのである。この基礎演習では,指定した文献のレポート発表を各受講生に担当してもらう。それをもとにディスカッションを行いながら,現代社会に対する理解を深めていく。  

教材
教科書:友枝敏雄・山田真茂留Do!ソシオロジー――現代日本を社会学で診る』(有斐閣アルマ改訂版,有斐閣2013
教科書の購入の際には,「初版」ではなく「改訂版」であることに注意。初回の授業時に持参すること。なお追加文献については,授業内で決定します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
毎回の授業には,指定した文献をあらかじめ読んだ上で出席すること。その際,自分自身の意見や疑問点などをまとめておく。この準備学習には,おおよそ4時間程度を要する。ただし,文献購読の各レポート担当者は,それ以上の準備時間が必要となる。  

成績評価の方法
学期末のレポート(40%),授業への参加態度(20%),授業での発表内容と授業への参加姿勢など(40%)から総合的に評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は授業後に受け付ける。それ以外の時間は学科事務室を通じて連絡を取ること。

授業計画
第1週イントロダクション―現代日本と社会学―
第2週『Do!ソシオロジー』購読(1):序章
第3週『Do!ソシオロジー』購読(2):第1章
第4週『Do!ソシオロジー』購読(3):第2章,第3章
第5週『Do!ソシオロジー』購読(4):第4章,第5章
第6週『Do!ソシオロジー』購読(5):第6章,第7章
第7週『Do!ソシオロジー』購読(6):第8章,第9章
第8週『Do!ソシオロジー』購読(7):第10章,第11章
第9週追加文献購読(1)
第10週追加文献購読(2)
第11週追加文献購読(3)
第12週追加文献購読(4)
第13週追加文献購読(5)
第14週追加文献購読(6)
第15週まとめ(理解度の確認)
授業計画は,受講生の人数などに応じて変更することがある。