科目名 日本文化演習IE・IIIE 
副題 平安時代の文学(1) 
担当者 伊藤 守幸 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 5 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー LIT-305-JY
LIT-443-JY 

授業の到達目標
『源氏物語』の精読を通じて,文学のみならず平安文化全般にわたる多くの知見に接して,日本の古代文化に関する豊かな教養を身につけてもらうことを目指す。  

授業の内容
『源氏物語』を素材として,古典作品の精密で分析的な読解を試みる。テキストとして青表紙本『源氏物語』の影印本を用いることによって,くずし字を読むことにも習熟してもらう。取り上げる巻としては,「若菜上」の巻を予定している。  

教材
教科書:青表紙本「源氏物語」若菜上新典社
中野幸一編変体仮名の手引武蔵野書院

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
『源氏物語』講読の準備と事後の補足的調査。4時間。  

成績評価の方法
出席および演習内容・レポートによって総合的に評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
火曜日の午後1時半〜2時半。
moriyuki.ito●gakushuin.ac.jp(change ● to @)

授業計画
第1週『源氏物語』についての概説
第2週担当箇所の確定と発表方法に関する説明
第3週担当者による発表と質疑応答 ─『源氏物語』若菜上の講読─
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週
第15週