科目名 日本文化演習IQ・IIIQ 
副題 電子メディア 
担当者 岩城 宏明 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー INF-317-JY
INF-455-JY 

授業の到達目標
卒業研究に必要な基礎能力を身につけることを目標とします。  

授業の内容
この演習を簡単に表現すると「何か作ろう。」ということになります。ただし,「何か」というのは,映像・音楽・アニメ等のコンピュータを利用して作れるもの,プログラム等のコンピュータに関連したものに限られます。また,設備等の問題から納得のいくものが作れない場合があるので,不安な学生は,事前に担当者に問い合わせてください。
テーマを決めた後,必要に応じてグループ分けを行い,基礎能力の充実に努めます。この段階では,出席を重視します。学期末には,基礎知識はもちろんのこと,基礎的な技術力が身についているか確認します。
また,決められたテーマで簡単な作品を制作します。  

教材
個人またはグループごとに異なる教科書を使います。詳細は,最初の授業時に示します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
個人またはグループ毎に教科書を読み,課題制作を進める。準備学習として教科書理解に30時間,課題制作のために30時間を授業外に必要な時間として想定している。  

成績評価の方法
作品製作(制作)に必要な基礎知識が身についているかどうか確認します。また,出席状況も重視します。
作品の評価50%,制作に必要な技術の理解度・習得度30%,制作へ取り組む姿勢20%。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日5限
学科事務室を通して連絡を取ること。

授業計画
第1週製作作品のテーマの希望調査(グループ分け)
第2週基礎学習1(全体)
第3週基礎学習2(グループ別)
第4週課題制作1(その1)
第5週課題制作1(その2)
第6週中間発表1
第7週課題制作2(その1)
第8週課題制作2(その2)
第9週中間発表2
第10週課題制作3(その1)
第11週課題制作3(その2)
第12週中間発表3
第13週まとめ
第14週まとめと解説
第15週まとめと次学期の制作計画の検討