科目名 日本文化演習IS・IIIS 
副題 日常生活におけるメディア利用 
担当者 越塚 美加 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー INF-319-JY
INF-457-JY 

授業の到達目標
研究を進めるにあたって基本的な文献探索法,文献の読み方,書誌事項の書き方,レジュメの書き方,発表の仕方などの手法をメディアに関する文献を手がかりに習得する。  

授業の内容
3年生はメディアの特性やその利用についての文献を輪読しながら,さまざまな情報伝達に用いられるメディアと私たちの生活との関係について歴史的に,また現在の状況を考察する。また,研究を進めるうえで必要な情報探索技能や書誌事項の扱いについても取り上げる。
4年生には卒業論文のテーマの選択に関わるテーマの文献を選んで,その内容についての発表を課す。この作業を通じて,研究調査の手法について学ぶとともに,基本的な情報収集法とその記録法等の基礎的な素養を身につける。  

教材
教科書:佐藤望編著アカデミック・スキルズ第2版,慶應義塾大学出版会2012
参考文献:渡辺武達, 田口哲也メディア学の現在新訂第2版,世界思想社2015
長田攻一, 田所承己つながるつながらないの社会学弘文堂2014
最初に教科書として挙げたものは必ず購入すること。3-4年生の授業を通じて卒業論文までこれに則っていきます。但し,昨年度と変更しましたので,4年生で昨年度差し替え前の資料を購入した方は改めて今回の教科書を購入しなおす必要はありません。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業時に提示した情報探索法については,各自復習して,習得に努めること。また,日常的にメディアに関する新聞記事や雑誌記事などを意識的に読み,メディア自体あるいはそれらを取り巻く環境について自習してほしい。  

成績評価の方法
平常点(含む小レポート)及び期末レポート。
平常点には,授業への参加態度

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜日4限〜5限(ゼミ終了後)
日本文化学科の事務室あるいはメールにて

授業計画
第1週ガイダンス
第2週情報メディア概説
第3週日常生活で利用しているメディア(文献講読1)
第4週日常生活で利用しているメディア(文献講読2)
第5週日常生活で利用しているメディア(文献講読3)
第6週日常生活で利用しているメディア(文献講読4)
第7週日常生活で利用しているメディア(文献講読5)
第8週情報探索法1
第9週情報探索法2
第10週発表の手法を学ぶ(プレゼンテーション,図表の扱い)
第11週文献調査発表1
第12週文献調査発表2
第13週文献調査発表3
第14週文献調査発表4
第15週まとめ
演習形式ですので,授業には十分な準備時間をかけ積極的に臨んでください。