科目名 日本文化演習IIQ・IVQ 
副題 コンピュータによる作品制作 
担当者 岩城 宏明 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー INF-336-JY
INF-474-JY 

授業の到達目標
卒業研究を念頭に置いて,最後まで作品を仕上げる能力を習得し,計画した作品を完成させる経験を積むことを目標とします。  

授業の内容
この演習を簡単に表現すると「何か作ろう。」ということになります。ただし,「何か」というのは,映像・音楽・アニメ等のコンピュータを利用して作れるもの,プログラム等のコンピュータに関連したものに限られます。また,設備等の問題から納得のいくものが作れない場合があるので,不安な学生は,事前に担当者に問い合わせてください。
春学期の演習を発展させ,各自(または各グループ)で,制作(製作)目標・計画を立てます。審査後,作成に取り掛かります。  

教材
個人またはグループごとに異なる教科書を使います。詳細は,最初の授業時に示します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
個人またはグループ毎に計画を立案し,課題制作を進める。準備学習として計画立案に20時間,課題制作のために40時間を授業外に必要な時間として想定している。  

成績評価の方法
作品製作(制作)に必要な知識・技術力の習得度50%,作品の内容および完成度50%で評価します。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日5限
学科事務室を通して連絡を取ること。

授業計画
第1週製作作品のテーマの決定
第2週製作活動1(製作計画について個人・グループごとに審査)
第3週製作活動2
第4週製作活動3
第5週中間報告1(進行状況の確認)
第6週製作活動4
第7週製作活動5
第8週製作活動6
第9週中間報告2(完成に向けて,進行状況の確認)
第10週製作活動7
第11週製作活動8
第12週発表準備
第13週発表および演習メンバによる審査
第14週
第15週