科目名 日本文化政策論I 
副題 文化政策の基本構造 
担当者 阿曽村 智子 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 1〜  コース・ナンバー MSE-101-JA 

授業の到達目標
(1)現代の文化政策に関する概念や理論について具体例に基づき理解を深める。
(2)国際的な比較等を通じて,日本の文化的特性や文化的多様性についてより広い視野から考察できるようになる。  

授業の内容
日本の文化政策に関する基本的な概念や理論について,その実際を諸外国の法制・行政組織との比較を通じて理解を深める。理論的・歴史的な考察と共に,視聴覚教材等を用いて日本文化の諸側面に触れる機会も設ける。春学期は特に日本の工芸に関して,柳宗悦の著作の精読も行う。以上により,本講が,より広い国際的な視野から日本の文化を再考する手がかりとなるようにしたい。  

教材
参考文献:平野健一郎国際文化論東京大学出版会2000
後藤和子編文化政策学』(有斐閣コンパクト有斐閣2001
池上惇・植木浩・福原義春編文化経済学有斐閣1998
柳宗悦工藝の道(講談社学術文庫)講談社2005
柳宗悦手仕事の日本(岩波文庫)岩波書店1997
W.ボウモル&W.ボウエン/池上惇・渡辺守章監訳舞台芸術―芸術と経済のジレンマ芸団協出版部1994
佐々木高明日本文化の多重構造―アジア的視野から日本文化を再考する小学館1998
佐々木高明多文化時代を生きる―日本文化の可能性小学館2000
柳宗悦「工藝の美」(上記『工藝の道』所収)および『手仕事の日本』は授業中にテキストとしても使用する。個別テーマについてのより詳しい文献目録は授業時に提示する。原則的に講義は配布プリントに基づいて行う。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
進度に応じて適宜与えられた課題テーマについてあらかじめ調べてくること。美術館訪問,舞台芸術鑑賞などの実践と報告レポートの作成,自主的な課外学習や読書の時間を含めて,平均して各回につき2時間程度。  

成績評価の方法
中間・期末レポート(50%),および平常の出席状況(リアクション・ペーパーの内容等50%)を総合的に判断する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
t-asomura●world.odn.ne.jp(change ● to @)

授業計画
第1週序論:文化政策とは?
第2週文化政策の基本概念(1)文化の諸定義
第3週文化政策の基本概念(2)文化と文明
第4週文化政策の基本概念(3)文化的アイデンティティ
第5週公的支援の理論的根拠(1)文化政策の歴史的背景
第6週公的支援の理論的根拠(2)文化経済学の先駆者たち(A.スミス,J.ラスキン,W.モリス)
第7週柳宗悦の思想と運動―日本文化政策論の視点から― その1.
第8週柳宗悦の思想と運動―日本文化政策論の視点から― その2.
第9週公的支援の理論的根拠(3)芸術と経済のジレンマ(W.ボウモル&W.ボウエン)
第10週公的支援の理論的根拠(4)文化の民主化(A.トフラー,P.ブルデュー)
第11週日本文化政策の歩みと特質(1)文化財の保護と活用
第12週日本文化政策の歩みと特質(2)文化芸術振興基本法
第13週日本文化政策の歩みと特質(3)地域の文化振興政策
第14週国際交流基金の活動と文化政策の評価方法
第15週レポート返却と講評・まとめ
学期中に指定された美術館の訪問と,自由選択での舞台芸術の鑑賞を行い,それらを文化政策の観点から論じることを,中間および期末のレポート課題とする。