科目名 日本語学I 
副題 現代日本語の諸相 
担当者 福島 直恭 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 1 
配当年次 1〜  コース・ナンバー JPL-105-JA 

授業の到達目標
日本語学に関する基礎知識を習得する。基礎知識の内容としては,言語分析に必要な概念,術語,基本的立場などがあげられる。  

授業の内容
はじめに,日本語を含めたすべての言語に共通する一般的特徴について概説する。つぎに現代日本語に関して音的側面,語彙的側面,文法的側面から概説する。日本語を科学的に考察することとは,具体的にはどういうことであり,どういうことではないのかということを理解することが一番の目標となる。  

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
予習・復習に必要な時間は各1〜2時間程度  

成績評価の方法
学期末に行われる試験かレポート(80%)および授業への参加態度(20%)による。試験受験やレポート提出の条件は開講回数の3分の2以上出席していること。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
木曜2限
メール(アドレスは日本文化学科事務室に行って問い合わせること)

授業計画
第1週「日本語を話す」ことと「日本語について話すこと」の違い
第2週日本語研究ではない日本語に関する言説の具体例とその非論理性
第3週言語の一般的特徴−言語の音的単位−
第4週言語の一般的特徴−言語の意味的単位−
第5週言語の一般的特徴−文法とは何か−
第6週世界の言語と日本語
第7週日本語の音的単位−日本語の母音と子音−
第8週日本語の音的単位−音節と拍ー
第9週日本語の音的特徴−清音と濁音−
第10週日本語の音的特徴−現代日本語のアクセント−
第11週日本語の語彙的特徴−和語と借用語−
第12週日本語の文法的単位−単語と文節と文−
第13週日本語の文法的特徴−「は」と「が」−
第14週日本語の文法的特徴−日本語構文−
第15週まとめ