科目名 ☆中国文学論I 
副題  
担当者 和田 浩平 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 5 
配当年次 2〜  コース・ナンバー LIT-223-JC 

授業の到達目標
教養として広く中国文学に親しむこができ,また中学校,高等学校における国語教育(古典)の現場で,豊かな漢文学習の指導ができるように中国文学における特に漢詩(韻文)の歴史とその特質について,系統的に習得することを目指すものである。教材の選定,読解と鑑賞の方法,言語感覚と表現力の向上指導など,国語教育の現場において必要とされる技法も合わせて習得したい。  

授業の内容
授業は,漢文・中国文学を系統的に習得するために,特に漢詩(韻文)の歴史と特質の面から講義するものである。詩経,楚辞,漢代の韻文学,魏晋南北朝の詩,唐詩(初唐,盛唐,中唐,晩唐),宋詩,元詩,明詩,清詩に至るまでを網羅的に取り上げていくことにする。  

教材
教材は授業時に適宜配布します。
参考書としては,佐藤一郎著『中国文学史』(慶應義塾大学出版社)をあげておきます。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
配布されたプリントを,30分から1時間程度かけて,予習と準備をするのが望ましい。  

成績評価の方法
授業時の発表,小テスト,レポート等により,総合的に評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業前及び授業後の休み時間

授業計画
第1週中国文学(漢詩)の歴史と特質
第2週詩経
第3週楚辞
第4週漢代の韻文学 古詩十九首
第5週魏晋南北朝の詩(一)曹操,曹植
第6週魏晋南北朝の詩(二)陶淵明,謝霊雲
第7週初唐の四傑
第8週盛唐の詩(一)孟浩然,王維
第9週盛唐の詩(二)李白,杜甫
第10週中唐の詩(一)白居易
第11週中唐の詩(二)韓愈,柳宗元
第12週晩唐の詩 杜牧,李商隠
第13週宋代の詩
第14週元代の詩
第15週明清の詩