科目名 現代生活論II(現代の食生活) 
副題 ライフステージ別の食生活および問題点 
担当者 濱谷 亮子 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 2〜  コース・ナンバー LIF-210-JD 

授業の到達目標
出生,発育,加齢にともなう生理的な変化や栄養状態の特徴を学び,ライフステージ別の食生活の特徴や問題点を説明することができる。  

授業の内容
生命の営みと健康の保持・増進のために,ヒトは食物を摂取することが不可欠である。ライフステージ別(胎児期,乳幼児期,学童・思春期,成人期,高齢期)の生理的変化や栄養状態の特徴を学び,ヒトの摂食行動に影響を及ぼす因子(精神的要因,社会環境等)を踏まえ,現代の食生活の問題点やライフステージ別の望ましい食生活の在り方を学習する。  

教材
教科書は使用しない。適宜資料を配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
講義で取り上げるライフステージの食生活上の問題について情報を収集し,授業内に発表できるように準備しておくこと。  

成績評価の方法
学期末試験(70%),3回の課題レポート(30%)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問は授業後に受け付ける。それ以外の時間は学科事務室を通じて連絡を取ること。

授業計画
第1週適正体重を維持するために必要なこと
第2週健康維持・増進のためのエネルギー・各栄養素の摂取量について
第3週妊娠(胎児)期の特性と栄養・食生活
第4週乳汁期の特性と栄養・食生活(母乳栄養の利点と留意点)
第5週乳汁期の特性と栄養・食生活(人工乳栄養の利点と留意点)
第6週離乳期の特性と栄養・食生活(離乳初期,中期)
第7週離乳期の特性と栄養・食生活(離乳後期,完了期)
第8週幼児期の特性と栄養・食生活(食物アレルギー)
第9週幼児期の特性と栄養・食生活(食育の取り組み方)
第10週学童期の特性と栄養・食生活(学童期のダイエット願望と健康への影響)
第11週成人期の特性と栄養・食生活1(メタボリックシンドロームとは)
第12週成人期の特性と栄養・食生活2(アルコール過飲と健康障害)
第13週高齢期の特性と栄養・食生活(低栄養)
第14週我が国の健康づくり施策
第15週まとめと解説