科目名 国際コミュニケーション基礎演習IIN・IVN 
副題 世界の住まい 
担当者 乾 尚彦 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 1
2 
コース・ナンバー ARE-138-IX
ARE-286-IX 

授業の到達目標
世界の住まい研究に必要な基礎的な技術を習得する。  

授業の内容
世界各地には,様々な形式の住居とそれに関わる文化がある。そうした比較居住文化研究の基礎として,世界各地の伝統的な住文化がどのようなものかを調べる。毎回,発表者は,担当地域の文献を探し,それを読み,レジュメにまとめて報告するというのが基本である。それらを通して,文献や資料探索の方法を学び,研究史や研究機関,研究者,基礎文献を把握する。また,資料を扱う上で問題となる引用の方法,著作権の扱い,発表・プレゼンテーションの技術についても学んでいく。  

教材
教科書:OLIVER, Paul(ed.), Encyclopedia of Vernacular Architecture of the World, Cambridge University Press, 1997
英文の教科書は,国際コミュニケーション学科事務室に保管してあるので,各自,それを閲覧する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
報告者はレジュメの作成。その他は,内容に関する事前学習。  

成績評価の方法
レポート,授業への参加態度,発表の内容による。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
金曜日4限(事前にメールで申し込むこと)
ninui●aorod.com(change ● to @)

授業計画
第1週住文化の見方・調べ方
第2週発表者が選択した地域の報告
第3週
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週まとめ1
第15週まとめ2