科目名 国際コミュニケーション演習IN・IIIN 
副題 比較生活文化研究 
担当者 乾 尚彦 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 5 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー ANT-314-IY
ANT-462-IY 

授業の到達目標
人間が地球に住むためにつくりだした具体的な環境,文化を対象にする。これらを比較することで,その特質や異文化に対する理解を深めるのが目的である。  

授業の内容
まず,世界各地の都市,建築,生活文化を比較研究することを主題にした研究論文を読んでいく。毎回,発表者は,自分の関心に応じた論文を検索し,更にその内容に関連した文献をさがし,文化や対象地域についての基礎的な事項を整理しながら,論文の構成や研究手法,結論について報告する。全員で,その内容について,検討,討論をおこなう。これらを通して,比較文化研究に必要な基礎的な事項,基礎文献,資料探索法について習熟を深めるとともに,研究論文とはどうあるべきか,どのような要素を必要とするかについて把握していく。次に,フィールドワークの実例を通して,その技術や方法論について学んでいく。
また,毎回,世界各地の建築,世界遺産を数例とりあげ,建築についての認識を深めていく。  

教材
演習中に指示する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
建築ガイドシートの作成または報告内容のレジュメ作成。  

成績評価の方法
レポート,演習への参加態度,発表の内容による。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
金曜日4限(事前にメールで申し込むこと)
ninui●aorod.com(change ● to @)

授業計画
第1週建築文化の資料探索法
第2週建築文化に関する研究論文1
第3週建築文化に関する研究論文2
第4週建築文化に関する研究論文3
第5週建築文化に関する研究論文4
第6週フィールドワーク論 今和次郎の悉皆調査
第7週フィールドワーク論 路上観察学会の視力・妹尾河童の表現力
第8週フィールドワーク論 参与観察とは
第9週フィールドワーク論 民家の見方調べ方・デザインサーヴェイの方法
第10週フィールドワーク論 映像人類学の方法
第11週フィールドワーク論 旅行記か論文か
第12週フィールドワーク論 分類とは何か
第13週フィールドワーク論 文化の記述方法
第14週まとめ1
第15週まとめ2