科目名 国際コミュニケーション演習IR 
副題  
担当者 小泉 成史 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 3  コース・ナンバー ICM-318-IY 

授業の到達目標
国際情勢を読み解く力を学生一人一人がつけられようにする。  

授業の内容
幅広国際情勢を全て扱うのではなく,特に日米の科学技術関連の関連に力を入れる。
映像資料を多く扱う。
学生は学期中にエッセイ(テーマは自由)を一人一作品必ず書いて提出すること。レポートとは別。  

教材
参考文献:茂木誠ニュースのなぜは世界史に学べ』(SB新書SBクリエティブ2015

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
関連文献を2時間以上読む。  

成績評価の方法
普段の授業態度の積極性,発言。
学期末のレポート。場合によっては試験も実施。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
Email:hfd00327●nifty.com(change ● to @)で対応します。

授業計画
第1週ガイダンス,講師自己紹介
第2週国際コミュニケーションとは何か?
第3週演習と討論
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週
第15週まとめ
学部の講義は初めてなので学生の理解能力と知識により随時対応する。