科目名 国際コミュニケーション演習IIP・IVP 
副題 ヨーロッパ対外交流史の研究 
担当者 坂野 正則 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー HIS-340-IY
HIS-488-IY 

授業の到達目標
ヨーロッパ世界と非ヨーロッパ世界との越境的な文化接触(商業・文学・宗教)と人的移動について理解を深める。並行して卒業論文作成の準備を進める。  

授業の内容
国別の歴史認識やヨーロッパ・アジア・アメリカ・アフリカに関する単純で通俗的な理解を克服し,複数の地域や領域を横断するヒト・モノ・思想の文明的役割について学ぶ。担当教員は,近世(16−18世紀)フランスと他のヨーロッパ地域や非ヨーロッパ地域(北アメリカ・東アジア)との宗教的接触を専門とするが,その前後の時代やほかの地域(アフリカ・中東・東ヨーロッパなど)や主題について関心をもつ学生も歓迎する。なお,秋学期には,卒業論文の主題の見つけ方や文献探索についても入門的指導を行う。  

教材
授業中に指示する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
全体的には地理に関する理解を深めることが求められる。また関連文献の講読または発表準備も必須である。  

成績評価の方法
報告とレポートの内容(60%),授業参加の積極性(40%)を総合的に評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業中に指示する。

授業計画
第1週秋学期のオリエンテーション
第2週文献講読・発表・ディスカッション
第3週
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週卒業論文作成について
第11週発表・ディスカッション
第12週
第13週
第14週
第15週これまでの授業内容のまとめ