科目名 国際コミュニケーション演習IIX・IVX 
副題 情報システム 
担当者 江藤 正己 准教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 3
4 
コース・ナンバー INF-348-IY
INF-496-IY 

授業の到達目標
3年生
・情報システムの特長や問題点を深く理解する
・4年次に卒業論文・研究として取り組む「リサーチクエッション」を見つける
4年生
・卒業論文・研究に関する調査の結果を整理・考察し,成果を文章の形でまとめる  

授業の内容
私たちの身の回りには,TwitterやLINE, FacebookなどのSNSをはじめ,Wikipedia, Google, YouTube, Instagramなど多くの情報システムが存在します。スマートフォンの普及に伴い,ユーザー数が一国の人口よりも多い情報システムも珍しくなくなり,情報システムの動向が世界中に大きく影響を与えるようになってきました。本演習では,人間の知的活動に関わる文系的な側面から,広い意味での「情報システム」を研究します。
3年生(秋学期)は,情報システムをつくる過程を一通り体験します。具体的には,グループ単位で,小規模な簡易情報システムをソフトウェアやウェブサービス等を用いて構築します。その後,アンケート調査やインタビュー調査等によって評価をおこない,つくったシステムの問題点や情報システムの意義について考えます。4年生は,年間を通じて,卒業論文・研究の進捗状況について報告をおこないます。  

教材
参考文献:酒井聡樹これからレポート・卒論を書く若者のために共立出版2007

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
必要に応じて個別面談等をおこないながら,卒業論文・研究(またはそれに準ずる内容)を進めること。  

成績評価の方法
授業への参加態度(50%),課題(50%)
ただし,授業実施回数の3分の1以上欠席した場合は成績評価の対象としない。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜日の午前11時から12時。事前にメール等でアポイントをとることが望ましい。アポイントがない場合,対応できないことがある。
連絡用のメールアドレスを初回授業時に指示する。

備考
本演習の卒業論文・研究では,「システムをつくる」ことを選択した場合でも,「システムをつくらない」場合とほぼ同じ量(枚数)の論文作成が課されます。

授業計画
第1週ガイダンス
第2週情報システムの設計(1)
第3週情報システムの設計(2)
第4週情報システムの設計(3)
第5週情報システムの構築(1)
第6週情報システムの構築(2)
第7週情報システムの中間評価
第8週情報システムの構築(3)
第9週情報システムの構築(4)
第10週情報システムの構築(5)
第11週情報システムの最終評価(1)
第12週情報システムの最終評価(2)
第13週期末発表(1)
第14週期末発表(2)
第15週まとめ