科目名 ボランティア論II 
副題 NPOとわたしたち 
担当者 伊藤 由紀子 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 2〜  コース・ナンバー VOL-209-IC 

授業の到達目標
NPOと市民社会の関わりあい方を理解する。  

授業の内容
今日,社会の多様な分野で積極的な市民参加が行われており,NPO(非営利組織)やNGO(非政府組織)などの非営利・非政府の新しい社会セクター(市民セクター)が注目されている。こうした市民組織の存在が今後のよりよい社会づくりに向けて不可欠であるとの認識は一般化しつつある。しかし,組織数やその役割が増大しながらも,欧米の組織と比較すると,組織・資金力ともに貧弱であり,こうした市民組織の強化,およびこれらの組織を支える市民社会の育成が必要である。本講義では,NPOが存在する意義や背景を検証しながら,その活動の役割や現状と課題について理解を促すことが目標である。  

教材
授業中に適宜プリント他を配布します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
随時指定します。1回の授業あたり3−4時間,文献を読んだり,レポートを書くための時間を予定してください。  

成績評価の方法
授業内で書く小ペーパー(複数回実施・出欠席確認をかねる)45%,学外でのボランティア活動 10%,試験 45%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日お昼休み
メール

備考
交通機関による遅延も含め,時間を区切って遅刻者の入室は許可していませんので,気をつけてください。

授業計画
第1週イントロダクション
第2週ボランティアの源流と歴史
第3週人から組織社会
第4週なぜNPOなのか(1)
第5週なぜNPOなのか(2)
第6週NPO法人の現状(1)
第7週NPO法人の現状(2)
第8週NPOと市民社会
第9週NPOと企業
第10週社会企業家
第11週世界のNPO
第12週日本のNPOの課題と展望
第13週
第14週まとめ
第15週理解度の確認