科目名 ※マーケティングII 
副題 東南アジアでのマーケティング 
担当者 田島 博和 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 2〜  コース・ナンバー MAN-215-IC 

授業の到達目標
東南アジアの多様性を踏まえたマーケティングを理解する。  

授業の内容
東南アジア,特にASEANに加盟する10カ国を対象にして,地理・政治・経済・民族・宗教などに関する多様性を紹介した後に,それを踏まえて各地域でのマーケティングについて講義します。春学期に開講する「マーケティングI」の応用編であると同時に,東南アジアに対する理解の出発点となる授業にしていきたいと思っています。  

教材
参考文献:川端基夫アジア市場のコンテキスト【東南アジア編】新評論2005
和田充夫・恩蔵 直人・三浦俊彦マーケティング戦略』(有斐閣アルマ第5版,有斐閣2016
一回目の授業で指示します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
復習:前回のノートと資料を見返す。予習:今回の資料を読む。必要な時間:各120分以上。  

成績評価の方法
期末試験の点数と授業中の発言点の合計によって評価します。なお発言点については,一回目の授業で説明します。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
メールで連絡して下さい。htajima●tku.ac.jp(change ● to @)

授業計画
第1週東南アジアの概況
第2週マーケティング戦略の体系
第3週各国のマーケティング環境(1)政治制度・法律
第4週各国のマーケティング環境(2)経済
第5週各国のマーケティング環境(3)民族・宗教・文化
第6週マーケティング環境に基づく市場細分化
第7週各国でのマーケティング(1)タイ
第8週各国でのマーケティング(2)ベトナム
第9週各国でのマーケティング(3)マレーシア・シンガポール
第10週各国でのマーケティング(4)ミャンマー・ラオス・カンボジア
第11週各国でのマーケティング(5)フィリピン
第12週各国でのマーケティング(6)インドネシア
第13週各国でのマーケティング(7)ブルネイ
第14週まとめ(1)
第15週まとめ(2)