科目名 環境科学II 
副題  
担当者 竹田 麻里 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 1〜  コース・ナンバー ENV-108-IA 

授業の到達目標
環境と人間の経済活動の関わりを理解し,環境問題を含む様々な社会問題について,社会科学(主に経済学)の概念や理論を参照して考えることができるようになることを目指します。  

授業の内容
環境問題の理解にとって重要な社会科学(主に経済学)の基礎的概念について講義し,いくつかの事例を用いて理解を深めます。授業で取り上げる事例は,気候変動対策,農業・農村政策,自然資源管理などです。  

教材
教科書は指定しませんが,授業中に適宜参考書を紹介します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
予習は課しません。授業計画第7週頃には理解度の確認を行いますので,配布資料を用いて復習を行い,授業内容の理解を深めてください。  

成績評価の方法
毎回の授業時に提出するリアクションペーパー(20%)
授業中に行うミニテスト(30%)
期末試験(50%)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
atakeda●mail.ecc.u-tokyo.ac.jp(change ● to @)にメールで連絡してください。

授業計画
第1週シラバス・授業の進め方の説明
イントロダクション:環境と経済学
第2週市場経済と環境問題(1)
第3週市場経済と環境問題(2)
第4週環境政策手法(1)
第5週環境政策手法(2)
第6週気候変動に対する取り組み(1)
第7週気候変動に対する取り組み(2),理解度の確認
第8週自然資源の経済学
第9週コモンズの悲劇と共同体
第10週農業環境政策
第11週自由貿易と環境(1)
第12週自由貿易と環境(2)
第13週貧困と環境・資源問題
第14週環境評価
第15週まとめと解説