科目名 イスラム文化論I 
副題  
担当者 高尾 賢一郎 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー ARE-110-IB 

授業の到達目標
イスラム教の成り立ちや教えの基本的事項について知る。なぜ日本人の目にイスラムが分かりづらい,あるいは「厳しい宗教」と映るのかを考察できるようになる。日本文化との比較を通して宗教としてのイスラムの特性を説明できるようになる。  

授業の内容
イスラム教がどのように興り拡大したのかについて,その成り立ちと基本的な教義の内容を説明する。イスラム教がどのように継承されてきたのかについて,「イスラム学」と呼ばれるイスラム社会の学問分野の概要を説明する。近代がイスラム教にどう影響したのかについて,イスラム社会に起こった変化を説明する。  

教材
教科書は使用せず,授業では適宜プリントを配布する。また各回ごとに参考書を紹介する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
初回以降,次回授業で使用するプリントと参考書の重要箇所のコピーなどを配布する。授業にあたりこれらを2時間程度かけて熟読しておくこと。  

成績評価の方法
学期末試験(40%),中間レポート(1回,30%),毎回の授業後に提出するリアクション・ペーパー(30%)の3つを総合して評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は,初回授業で指示するメールアドレスを通して,授業後に教室にて,あるいは学科事務室を通じて受け付ける。

授業計画
第1週導入:イスラムを学ぶ
第2週イスラムの誕生と伝播(1):預言者ムハンマド
第3週イスラムの誕生と伝播(2):後継者とその後
第4週イスラムの分裂(1):スンナ派とシーア派
第5週イスラムの分裂(2):少数派
第6週イスラムの基本教義(1):神
第7週イスラムの基本教義(2):預言者
第8週イスラムの基本教義(3):六信五行
第9週イスラムの継承(1):聖典
第10週イスラムの継承(2):伝承
第11週イスラムの継承(3):法学
第12週イスラムの継承(4):神秘主義
第13週イスラムと近代(1):様々な「改革」
第14週イスラムと近代(2):国家の中のイスラム
第15週まとめ
理解度に鑑みた進捗状況を考慮して,授業内容を変更する場合がある。