科目名 マスコミュニケーション論I(概論) 
副題 メディアと情報社会 
担当者 蔡 星慧 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー SOC-109-IA 

授業の到達目標
メディアと社会との相互関係を理解し,議論することでメディア環境の変化を批判的に観る力,リテラシーをつけていきたい。  

授業の内容
メディアは国際情勢,国内の社会環境と関わって大きく変化し,様々な情報や文化を生み出す。本講ではそういったメディアの環境変化と近未来,社会的意味合いについて考えてみる。  

教材
特に指定はありません。毎回配付するレジュメと資料を配付し,その都度参考文献を提示します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
事前配付資料を読み,調べる課題などがあります。所用時間は1時間〜3時間未満です。  

成績評価の方法
・授業への参加態度20%
・リアクションペーパー/ミニ課題10%
(毎回授業の終わりに当日授業の中心内容,感想,質問などを書く)
・レポート30%
・定期試験40%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
E-Mail:chekadai●gmail.com(change ● to @)

授業計画
第1週メディアと情報社会
第2週マス・コミュニケーションの歴史
第3週新聞メディアの特性−新聞の紙面,産業特性
第4週新聞メディアの特性−ジャーナリズムの力を考える
第5週放送メディアの特性−放送の制度的特性と構造
第6週放送メディアの特性−放送ジャーナリズムとは何か
第7週職業としてのジャーナリスト
第8週出版メディアの特性−本づくりのプロセスとエディターシップ
第9週出版メディアの特性−雑誌の誌面からみる特集,企画力,流行と文化
第10週雑誌の文化史
第11週メディアをめぐる最新動向
第12週政治とマスメディア
第13週放送と通信の融合
第14週メディアはメッセージである
第15週総合まとめ―メディアの近未来
テーマによる時事問題など,補充資料がある場合授業の進行に多少の変更もあります。