科目名 比較政治学I 
副題 比較宗教と政治 
担当者 杉原 志啓 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 2〜  コース・ナンバー POL-222-IC 

授業の到達目標
世界の主要宗教の教義と宗教史の学習。  

授業の内容
比較政治学1では,本年度全体のテーマを探究していく基礎として,世界における主要宗教の教義と歴史を詳しくレクチャーしていく予定である。具体的には,キリスト教,ユダヤ教,イスラム教,仏教,儒教,そして日本の神道の教義,またそれぞれの宗教史となる。そのうえで,現代における宗教対立と政治の問題点を講義していく予定である。  

教材
参考文献:杉原志啓編・坂本多加雄著歴史を語る作法都市出版2004
授業中比較政治学と宗教史の基本的テキストを多数紹介する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業関連のプリントの閲読。  

成績評価の方法
授業期間内の1回の小テスト(50%)と学期末レポート1回(50%)。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
sugi-y●mvb.biglobe.ne.jp(change ● to @)

授業計画
第1週ガイダンス
第2週比較政治学の基礎理論(1)
第3週比較政治学の基礎理論(2)
第4週キリスト教(1)
第5週キリスト教(2)
第6週ユダヤ教
第7週イスラム教
第8週仏教
第9週儒教
第10週神道
第11週キリスト教文明史
第12週アメリカにおけるキリスト教
第13週世界の宗教対立の歴史
第14週現代の宗教対立
第15週宗教と政治
小テストと期末レポートは,実施日の前の週に告知する。授業期間出席はとらないが,この2回は必ず出席すること。