科目名 比較音楽論I(東洋) 
副題  
担当者 丸山 洋司 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 3〜  コース・ナンバー ART-326-ID 

授業の到達目標
「東洋」と「西洋」の音楽にはどのような相違点や共通点があるのか。また両者は歴史的にどのように影響を与えあったのか。これらのテーマについて,各自さまざまな角度から考えることができるようになる。  

授業の内容
各回異なるテーマを設定して講義する。授業でとりあげる予定のテーマは「言葉と音楽」「声の芸術」「楽器」「音組織」「リズム」「音楽と宗教」などである。それぞれのテーマについて,「東洋」と「西洋」の相違点や共通点,あるいは両者の影響関係という視点から各学生が考察を深めていくきっかけを作る。  

教材
参考文献:柘植元一、塚田健一はじめての世界音楽音楽之友社1999
教科書は使用しない。授業で,適宜プリントを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
予習:授業冒頭の小レポートにそなえて,各自文献を読んだり,視聴覚資料を視聴する時間をとる。
復習:授業で疑問に思った点,興味を持った点を各自掘り下げて調べる。文献を読むだけでなく,視聴覚資料を視聴することがのぞまれる。  

成績評価の方法
授業冒頭で課す小レポートの記述内容(20%),リアクションペーパーの記述内容(20%),学期末試験(60%)。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
Email: hiromaru886●hotmail.com(change ● to @)

授業計画
第1週ガイダンス
第2週言葉と音楽
第3週声の芸術(1)声楽の諸様式
第4週声の芸術(2)声楽様式の伝播
第5週楽器(1)楽器の分類
第6週楽器(2)体鳴楽器
第7週楽器(3)膜鳴楽器
第8週楽器(4)弦鳴楽器(単一弦鳴楽器)
第9週楽器(5)弦鳴楽器(複合弦鳴楽器)
第10週楽器(6)気鳴楽器
第11週音組織
第12週リズム
第13週音楽と宗教(1)仏教・イスラム教
第14週音楽と宗教(2)日本におけるキリスト教音楽の受容
第15週総括