科目名 外国語演習IIC 
副題 アメリカ人から見たフランス 
担当者 清水 領 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 3  コース・ナンバー ENG-318-IW 

授業の到達目標
英語の論説を正確に読み取れるようにする。書き手の背景を意識しながら,欧米の中の多様性を理解する。カルチャー・ショックと文化の受容について考え,英語で意見を表現出来るようにする。  

授業の内容
この授業ではアメリカ人がフランスについて論じた著作物・映画を通して,アメリカとフランスの違いについて学習します。フランスとアメリカは欧米という言葉で一括りにされがちですが,両者の文化や思考には歴史が形作った隔たりがあります。前半はニューヨーク・タイムズ紙のパリ女性特派員が書いたコラムを講読し,後半は出席者の希望を考慮してテクストを選択します。コラムの内容は歴史・宗教問題から子育て文化比較と多岐にわたっており,授業で背景を解説しながら講読します。  

教材
テキストは配布。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
各回ごとにテキストの指定箇所を和訳して授業に臨むこと。(予習3時間程度)
授業内容を復習し,必要であれば質問カードを作成すること。(復習1時間程度)  

成績評価の方法
リアクションペーパー(30%),授業の予習準備・参加度(50%),中間レポート(20%)。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
最初の授業で出席者に通知する。または学科事務室を通して連絡を取ること。

授業計画
第1週ガイダンス
第2週テクスト講読
第3週
第4週
第5週背景説明とディスカッション
第6週テクスト講読
第7週
第8週背景説明とディスカッション
第9週テクスト講読
第10週
第11週背景説明とディスカッション
第12週映像鑑賞
第13週
第14週テクスト講読
第15週ディスカッションとまとめ