科目名 英語コミュニケーション特殊演習VI 
副題 Introduction to Comparative Cultural Studies 
担当者 田島 千裕 准教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 3  コース・ナンバー ECM-306-EY 

授業の到達目標
本科目の到達目標は、学期末に履修者が以下を身に付けていることである。1)北米人のコミュニケーションスタイルとそれを司る価値観を英語で理解している。2)対極する日本人のコミュニケーションスタイルと価値観についても英語で理解している。2)比較文化論の基本的コンセプトを英語で理解している。4)英文レポートの書き方を理解し、英文レポート執筆のスキルを身に付けている。5)英語での口頭発表の作法を身に付けている。  

授業の内容
本科目の授業は英語で行うものとする。毎回、学習するコンセプトの理解を深めるために、コミュニケーション活動、グループ活動、発表、教科書講読、リアクションペーパー記入、小テスト等を行う。学期末には、各自が選択したコンセプトに関するレポートを提出し、レポートを基に口頭発表を行う。学習を予定しているコンセプトは、授業計画を参照のこと。  

教材
教科書:Polite Fictions in Collision: Why Japanese and Americans Seem Rude to Each Other, Kinseido

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
復習:毎回実施する小テストに向けて、教科書と配布物を精読すること。
予習:次回の授業に向けて、教科書を精読しておくこと。
レポート及び口頭発表課題の準備:資料集め、資料の精読、レポート執筆、パワーポイント作成等を行うこと。  

成績評価の方法
1.出席・授業参加度(授業中の発表回数を含む)25%
2.小テスト25%
3.レポート25%
4.期末試験25%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜2時限
メールで連絡をお取りください。メールアドレスは、授業初日にお伝えします。

授業計画
第1週シラバス/広義の文化、狭義の文化
第2週個人主義
第3週集団主義
第4週内集団
第5週外集団
第6週独創性と協調性
第7週縦社会
第8週横社会
第9週謝罪の文化
第10週甘えの文化
第11週異なるコミュニケーションスタイル(会話展開)
第12週レポート締切/口頭発表準備
第13週口頭発表
第14週
第15週口頭発表/学期末振り返り
定期試験:期末試験