科目名 BASIC LISTENING K 
副題 TOEIC listening 部門強化 
担当者 古庄 信 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日 月/木  時限 2/1 
配当年次 1  コース・ナンバー ENG-111-GL 

授業の到達目標
毎回の授業におけるリスニング練習をとおして,履修者全員がTOEICにおけるスコア・アップを目指す。またTOEIC用テキストをとおして英語圏の文化を理解する。  

授業の内容
テキストや副教材をとおして,「英語を聴く」ための基礎〜応用練習を行う。Listening skill(聴く力)をアップするためには,ただ「聴く」だけでは不十分である。「聞こえたとおりに」すぐ復唱する(shadowing)練習と「聞こえてもスペルが頭に浮かばない単語」の数を極力減らしていく練習,さらに「聞こえない音を文法的に補う練習(grammar listening)をバランスよく行うことでリスニング力を向上していく。  

教材
教科書:Kayoko Shiomi & Tony Cripps, Tune up for for the TOEIC TEST, 成美堂, 2009
テキストはTOEICのリスニング4部門(Part 1〜Part 4)における強化を図るよう編纂されている。また受講生が単なるTOEIC練習で終わることなく,日常生活から文化,環境,社会問題と幅広い分野でのトピックが題材として取り入れられている。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業で使用する該当ページの予習・復習を必ず実行すること。予習・復習には各1時間半以上を取ること。  

成績評価の方法
主として毎回の授業終了時に提出してもらうワークシートの成績で評価する(50%)が,課題のノート提出(30%)や授業参加度等(20%)も評価の対象とする。また学期中にTOEICを受験し,相当のスコアを獲得したものにはさらにボーナス点を加算する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜3〜4時限
国際コミュニケーション学科事務室窓口をとおして,希望の日時を連絡すること。

備考
テキストは第2回の授業までに必ず購入しておくこと。

授業計画
第1週ガイダンスとTOEIC模試による実力把握
第2週Unit 1
第3週Unit 2
第4週Unit 3
第5週Unit 4
第6週Unit 5
第7週Unit 6
第8週Unit 7
第9週Unit 8
第10週Unit 9
第11週Unit 10
第12週Unit 11
第13週Unit 12
第14週Unit 13
第15週Unit 14
1週2回の授業のうち1回目はテキストに沿ったTOEIC本番と同じ試験形式で,2回目は問題文のディクテーションを行うことで,問題文に使用される英語に慣れる訓練を行う。