科目名 SPEAKING PRACTICE I 
副題  
担当者 石渡 忠大 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日 水/土  時限 2/1 
配当年次 2  コース・ナンバー ENG-206-GL 

授業の到達目標
1)与えられた題目に関して,明確かつ論理的に口頭で述べる技術を身に着ける,2)スピーキングで応用できる語彙や表現の習得,3)日常会話における典型的なトピック例を知る  

授業の内容
日常的に使用される会話トピックに慣れ親しみ,これらのトピックにおける質問に答えるだけではなく,そのトピックの傾向に沿って,学生たち自らがトピックを探し出し,質問する能力を養う。その過程で,語彙や表現方法を学び,意見提示のための具体的材料にしていく。サンプルアンサー分析を通し,何が論理的で,何が明確な答えなのかを学習する。同時に実用的文法学習を行い,スピーキング実践に活かす。  

教材
教科書:Joan Saslow, Allen Ascher, Top Notch 1 Student Book with MyEnglishLab (3rd Edition), 3rd Edition, Pearson Education ESL, 2015
授業開始3週を越えて教科書を購入しない学生,3週連続で教科書を忘れた学生は欠席扱いとされる。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
前週使用のトピックの復習(授業内で小テストされる)  

成績評価の方法
授業出席5分の4以上,中間期と期末に理解度の確認を行う(授業出席5分の4を満たした学生のみ受ける資格がある)で6割以上の成績取得。課題提出あり。付属的に小テストの結果も考慮する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
Eメール:hiroicci●gmx.com(change ● to @)

授業計画
第1週オリエンテーション
第2週Getting Acquainted
第3週Going Out
第4週The Extended Family
第5週Food and Restaurants
第6週Technology and You
第7週Staying in Shape
第8週Review
第9週理解度の確認
第10週On Vacation
第11週Shopping for Clothes
第12週Taking Transportation
第13週Spending Money
第14週Review
第15週理解度の確認
挙げられているトピックは授業における分析トピックであり,これらのトピック以外のトピックが授業において使用されるものとする。