科目名 フランス語 応用I 
副題  
担当者 泉 美知子 講師   井上 美穂 講師         
開講期間 春学期  単位 2 
曜日 火/水  時限 2/2 
配当年次 2〜  コース・ナンバー FRN-205-GM 

授業の到達目標
泉の授業では書き言葉を中心に学習し,「フランス語で書かれた簡単な文章の意味がわかるようになる」「フランス語のしくみを理解し,短い文が書けるようになる」という到達目標を掲げます。井上の授業では話し言葉を中心に学習し,「ゆっくりと話されたフランス語が理解できる」「初歩的な内容をフランス語で言えるようになる」ことを目標とします。  

授業の内容
基本的に,泉が「読む・書く」技能,井上が「聞く・話す」技能を担当します。泉の授業では,文法事項を確認しながら,フランス語の文章に慣れることを目指します。検定試験を視野に入れた練習問題に取り組みます。また語学学習のモチベーションを高めるために,フランスの文化(美術,建築,街並み,マンガ,音楽,映画)について映像を使って説明します。井上の授業では,まず文法項目を短時間で解説した後,ききとり問題を行い,同じ文法事項を用いた会話を隣同士でペアになって練習します。フランスのニュース紹介も,基礎に引き続き行います。  

教材
教科書:アミカルマン・ビス――フランス語・フランス文化への誘い』(澤田直ほか駿河台出版社2011
泉の授業で使う教材は,『アミカルマン・ビス――フランス語・フランス文化への誘い』(澤田直ほか著,駿河台出版社,2011年)です。
井上の授業では,大学のサーバーに載せてあるweb教材を使います。この教材は次のアドレスからいつでも見ることができます。http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~19952079/clique/top.html

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
泉の授業に予習の必要はありませんが,復習は重要です。学期中に数回小テストを行い,復習の確認をします。井上の授業でも予習の必要はありません。同じく復習が重要です。  

成績評価の方法
2人の教員で50点ずつの評価を出し合い,合計して最終の評価とします。
泉:授業への参加態度と小テスト(40%),学期末試験(60%)
井上:隣同士で行う会話練習が重要ですので,75%以上の出席率が必要です。その出席率を評価の80%とし,残りの20%を小テストに当てます。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問などは授業後に受け付けます。それ以外の時間は学科事務室を通じて連絡を取ってください。

授業計画
第1週簡単な挨拶と復習
第2週冠詞と名詞/挨拶(パン屋で)
第3週主語と動詞/挨拶(通りで)
第4週形容詞/自己紹介1
第5週疑問文と否定文/自己紹介2
第6週規則動詞(1)/住所を言う
第7週規則動詞(2)/値段を言う
第8週近い未来,近い過去/場所を言う
第9週命令法/時間を言う
第10週人称代名詞/意見を言う1
第11週比較級,最上級/意見を言う2
第12週代名動詞/勧誘する
第13週可能・要求・義務の表現/質問する
第14週フランス語の歌,映画鑑賞
第15週確認のテストとまとめ
上記の第1回〜第15回までの授業計画は,泉が担当する授業のものです。井上の授業では,「過去のでき事を述べる」「感嘆文」「受動態を使う」などの練習を行います。