科目名 日本語IC 
副題 漢字・聴解 
担当者 滝本 いずみ 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4/5 
配当年次 1〜  コース・ナンバー JPL-139-GM 

授業の到達目標
漢字,聴解ともに個々のレベルに合った到達目標を設定する。
漢字:漢字を中心とした語彙の増強をはかり,学習した漢字,語彙を使えるようにする。
聴解:自然な日本語を聞く力を培う。
聞き取れたことから内容を推測して,人に伝えることができるようになることを目指す。  

授業の内容
漢字:毎週,各自のレベルに合ったテストを行う。
また,漢字の仕組みが学べる教材,日本文化や社会に関係した教材,
読解クラスで使用した教材などを使い,応用力を培う。
聴解:各自のレベルに応じた聴解練習を行う
*促音,長音,音の変化などの基礎的な聴解練習
*様々な場面における日本語の聴解練習
*映像などの生教材で聞き取れたことから内容を推測して理解し,日本人サポーターに伝える
*日本人サポーターの話を聞き取って内容をまとめる
なお,毎回のテーマは,読解・会話クラスとできるだけリンクし,語彙や表現の学習につなげる。  

教材
教科書:佐藤 尚子留学生のための漢字の教科書中級700国書刊行会2008
佐藤 尚子留学生のための漢字の教科書初級300国書刊行会2009
聴解:教科書は使用せず,適宜ハンドアウトを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
毎週テストを行うため,漢字,語彙の予習復習が必須です。  

成績評価の方法
毎回のテスト,提出物での評価(計60%)および 学期末テスト(40%)により評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
オフィスアワー:月曜日火曜日14:00〜14:30,18:00〜19:00

授業計画
第1週漢字1 各自のレベルに合わせた学習とテスト
オリエンテーション
第2週漢字2
現代文化1 ファッション
第3週漢字3
現代文化2 日本の若者
第4週漢字4
異文化コミュニケーション1 日本と自国の共通点
第5週漢字5
異文化コミュニケーション2 日本と自国の相違点
第6週漢字6
異文化コミュニケーション3 意見を聞く
第7週漢字7
教育1 習い事
第8週漢字8
教育2 教育についての意見を聞く
第9週漢字9
伝統文化1 伝統文化
第10週漢字10
伝統文化2 伝統行事
第11週漢字11
生活・ライフスタイル1 結婚式
第12週漢字12
生活・ライフスタイル2 国際結婚について
第13週漢字13
生活・ライフスタイル 日本での生活
第14週漢字14
日本の文化について
第15週まとめ及び解説
*授業計画は変更することがあります。
*毎回日本人サポーターに来ていただき,日本語を聞き取る練習を行う予定です。