科目名 日本語VA 
副題 大学で学ぶために必要な日本語1 
担当者 松本 祥子 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 1/2 
配当年次 1〜  コース・ナンバー JPL-149-GM 

授業の到達目標
4年間を通して日本の大学で学ぶためには,日本語の基礎力の徹底が求められる。文法的な基礎はもちろん,読解力,聴解力,書く力,話す力,発表の力の全面にわたって日本語能力の向上を図る。  

授業の内容
文法:N1レベルの構文を理解するだけでなく,これを適切に使いこなせるように練習する。
語彙:文法・表記等で適切な文を書けるよう練習する。
聴解:内容を正確に把握できるよう練習する。
作文:読み取ったことをまとめたり意見文を作成したりする。レポート執筆のための基礎を学ぶ。
話す力:敬語・待遇表現の練習をする。  

教材
教科書はない。毎回,必要なプリントを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業中に指示をする。  

成績評価の方法
定期試験(60%)及び平常授業における提出物・確認テスト(40%)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業開始時に知らせるメールアドレスに連絡すること。

備考
クラスのメンバーにより,授業内容が変更されることがある。

授業計画
第1週自己紹介・導入
第2週語彙の意味・用法1
第3週読解と作文練習1
第4週語彙の意味・用法2
第5週読解と作文練習2
第6週語彙の意味・用法3
第7週聴解と作文練習
第8週レポートの書き方1
第9週N1の表現文型を使いこなす1
第10週レポートの書き方2
第11週N1の表現文型を使いこなす2
第12週敬語を使いこなす1
第13週N1の表現文型を使いこなす3
第14週敬語を使いこなす2
第15週まとめ・確認