科目名 日本語VIC 
副題 書く力・話す力を高める 
担当者 加藤 陽子 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 3/4 
配当年次 1〜  コース・ナンバー JPL-154-GM 

授業の到達目標
日本と自国の社会や文化に関する話題,また,専門分野の一般的な話題について,まとまった文章を書き,発表できるようになる。また,それらの話題について,質疑応答ができるようになる。  

授業の内容
日本と自国の社会・文化に関する話題について,また,専門分野の一般的な話題について,小スピーチの原稿を書き,発表する。また発表内容について,質疑応答とインタビューの練習をおこなう。加えて,会話の技術を向上させるさまざまな練習をする。さらに,表現する力をつけるために,語彙力を高める。
具体的な内容および教材については,学期の初めに学生と相談の上,決定する。  

教材
毎回プリントを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
文章を書く課題や表現を口頭で練習する課題に取り組み,授業の復習をしたうえで次の授業に臨むこと。また,語彙力を高めるために,日常生活の中で見つけた語彙をまとめてリストにし,覚えて使うようにすること。  

成績評価の方法
授業への参加度(30%),課題(30%),試験と発表(40%)によって評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は授業後に受け付ける。それ以外の時間はサポートセンターを通じて連絡を取ること。

授業計画
第1週授業についての説明とオリエンテーション,作文(表記のしかた),メールの書き方
第2週作文(自己紹介文),会話技術(発音,アクセント,イントネーション),機能別会話
第3週作文(国の紹介),会話技術(発音,アクセント,イントネーション),機能別会話
第4週作文(日本社会について1),会話
第5週
第6週作文(日本社会について1),会話,スピーチ,スピーチの内容を題材に会話
第7週作文(日本社会について2),会話技術(質問),インタビュー
第8週
第9週作文(日本社会について2),会話技術(質問),スピーチ,スピーチの内容を題材に会話
第10週作文(専門について1),会話技術(あいづち,フィラー),インタビュー
第11週
第12週作文(専門について1),スピーチ,スピーチの内容を題材に会話
第13週作文(意見),ディスカッション
第14週
第15週まとめ
学生の状況によって,授業計画を一部変更することがある。