科目名 特別総合科目X(フードコンシャスネス論2) 
副題 フードコンシャスネスと食を自覚する授業 
担当者 品川 明 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 2〜  コース・ナンバー LIF-210-GA 

授業の到達目標
1.食および食教育の本質とフードコンシャスネスの理念の理解する
2.感覚・味覚教育の現状と課題を理解する
3.自覚的に概念を形成する過程を理解する
4.正解を求めない教育のあり方を理解する。多様な考えを尊重する姿勢を理解する。  

授業の内容
食を教える教育から食を意識する教育が重要であり,そのためには食を感じる教育が必要である。食を感じる教育とは,五官を使って,五感を感じるとともに心に残る感動(心感や六感)があってはじめて食を感じたことになる。感覚や味わい力向上には心に残る体験(経験)とその記憶が重要だ。食を捉えるとき,単に食材として,購入や調理の際は形や色や鮮度を意識することも大切である。しかし,これは食のごく一部の側面でしかない。また,食事の時,ただ空腹を満たすためのものであったり,テレビをみながらの通過儀礼的なものであったりもする。食事に対し,漫然と接することなく,素材や味付けなど様々な周辺情報にも関心を持ちながら食べることが重要である。食に関心を持ち,心に焼き付けながら食事をすることは素晴らしいことである。
食は本来その多くが生き物や生き物から生産されたものである。多くの生き物を頂いたとき,その生き物は多くの年月をかけ,広大な土地や海で育ち,膨大な労力の果てに食卓にあることを忘れてはいけない。そして,多くの命が我々の命として引き継がれて行く。食卓にあるとき,当たり前のこととして,漫然と食事をすること無く.この食卓に糧(いのち)があることを有り難い事実として捉え,感謝の気持ちとその生き物への想いを持って頂きたい。それらによって,食の記憶が蓄積され,経験となり,感覚,味覚,風味や食味の向上につながる。
このような観点から,食から耕す未来と文化の理念を実現するため,感覚と味覚について教育的配慮ができる学生を養成することを目的としている。この講義は,実際の食物を使用した感覚や味覚の講座以外に子ども達がどのように自覚的な気づきに達するかの指導方法や指導者としての心得などのセッションもある。  

教材
特に指定しない。プリント,ワークシートとリアクションペーパーを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
我が家の味のルーツや各地の雑煮について,調査し発表する。また,最終的に残したい日本の味についてレポート発表する。それらを調査し,まとめるために4時間以上の学習が必要である。  

成績評価の方法
1.授業への貢献度 40% 4回以上の欠席,早退や遅刻についても厳格に対応する。
2.授業中のアクティビティやコミュニケーション活動から得られた概念を文章表現する振り返りを重視する。30%
3.企画提案および発表 30%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業に関して質問がある場合は,akira.shinagawa●gakushuin.ac.jp(change ● to @)までメールで問い合わせるか,金曜日4限目のオフィス・アワーに環境教育センター(523教室)まで来ること。
金曜日4限目のオフィス・アワーに環境教育センター(523教室または531教室)まで来ること。

備考
2年生以上の履修科目である。演習形式の授業を実施するため,事前に人数制限(36名)する。
フードコンシャスネス論1履修者を優先する。

授業計画
第1週フードコンシャスネスと味わい1
フードコンシャスネスの教育的意義:我が家の味と伝統食(雑煮)
リンゴの試食
第2週フードコンシャスネスと教育1
フードコンシャスネスの理念と特徴
第3週フードコンシャスネスと味わい2
基本味とその生理的意義
第4週フードコンシャスネスと味わい3
うま味の意義と味噌汁の試食
第5週フードコンシャスネスと食の叡智1
日本蕎麦と日本文化:成田 重行
第6週フードコンシャスネスと味わい4
醤油の味比べ
第7週フードコンシャスネスと味わい5
地域の雑煮(グループ討議と発表)
第8週フードコンシャスネスと食の叡智2
茶道と和菓子:中澤 宗寿(学習院女子大学伝統文化演習担当講師)
第9週フードコンシャスネスと味わい6
だしのおいしさ
第10週フードコンシャスネスと食の叡智3
糀の世界と人とのかかわり:浅利 妙峰(糀屋本店)
第11週フードコンシャスネスと味わい7
味噌の味比べ
第12週フードコンシャスネスと味わい8
日本の三珍
第13週フードコンシャスネスと食の叡智4
米と飯〜研ぎ方から炊き方まで:吉村 常弘(御飯)
第14週フードコンシャスネスと自分
グループ討議と発表(残したい日本の味)リンゴの試食
第15週まとめ(雑煮の食べ比べとフードコンシャスネスの役割)
日程や外部講師が変更する場合がある。