科目名 国際文化交流論VI(技術交流) 
副題  
担当者 伊藤 由紀子 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー ICR-006-GB 

授業の到達目標
実践的な国際協力活動の実践をする  

授業の内容
9月に実施されるラオス国際協力研修への参加を前提とし,国際協力活動のありかたを考える。
経済的には世界のトップレベルに位置する国々でも,その「幸福度」指標は必ずしも経済的豊かさと比例しない。「幸福度」に焦点を当てながら,開発途上国の発展と外部者の関わりあい方について考える。  

教材
授業中に適宜プリント他を配布します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
各授業で指定された文献等のレポートの課題が必要です。およそ3〜4時間予定してください。  

成績評価の方法
発表 30%,レポート他課題 50%,授業への取り組み他 20%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日お昼休み
メール(アドレスは授業中に告知する)

備考
本科目履修希望者は,「履修制限」がありますので,第1回目授業に必ず出席し,内容を確認してください。

授業計画
第1週イントロダクション
第2週ワークショップ
第3週発表
第4週外部講師講義
第5週ワークショップ
第6週発表
第7週外部講師講義
第8週ワークショップ
第9週発表
第10週外部講師講義
第11週ワークショップ
第12週発表
第13週
第14週
第15週まとめ