科目名 社会調査法 
副題  
担当者 本柳 亨 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー SOC-024-GE 

授業の到達目標
本講義の到達目標は,目にうつる身近なことから問いを立て,考え,解くための「社会学的想像力」を養うことである。  

授業の内容
社会学の考察は,「理論的な思考作業」と「実証的な思考作業」の二つの思考作業を軸としている。本講義では,「実証的な思考作業」が中心となる社会調査の意義と目的,方法と手順の基礎的事項を解説する。解説の際は,恋愛,結婚,家族,SNSなど,身近な問題を題材として取り上げる。本講義では,社会調査の基礎的事項を理解してもらうことに加えて,「社会について考えること」の楽しさを体感してもらう。なお,教室の広さとパソコン台数に制限があるので,クラス定員を設ける。  

教材
教科書は使用しない。授業中にプリントを配布し,必要に応じて参考書を紹介する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業の前後は合計60時間以上の準備学習(予習・復習)を行うこと。この授業では,参考資料として,学術書のみならず,映画や小説も紹介する。関心をもった作品に対して積極的にアプローチし,それを自分の言葉で表現し,家族や友人と対話をすること。こうした時間も「準備学習」に含まれる。  

成績評価の方法
授業のリアクション・ペーパー(20%)と学期末レポート(80%)を合わせて総合的に評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業内で公開するメールアドレスで学生からの連絡を受け付ける。

備考
本講義は,統計学の知識が全くなくても受講できる。

授業計画
第1週社会調査の基礎
第2週社会調査のデザイン(一)
第3週社会調査のデザイン(二)
第4週理論的な思考作業
第5週先行研究の調べ方
第6週調査対象の選出方法
第7週質問紙調査法の種類と方法
第8週調査票の作成
第9週エディティングとコーディング
第10週データの基礎的集計
第11週データの分析(一)
第12週データの分析(二)
第13週社会調査の企画と設計
第14週社会調査の今日的課題
第15週まとめ
授業計画は予定であり,変更することがある。