科目名 人間関係論IV(カウンセリング論) 
副題  
担当者 角尾 美奈 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 1〜  コース・ナンバー PSY-004-GD 

授業の到達目標
様々な心理的問題について知り,それらについて心理学的な観点から意見を言えるようになる。
カウンセリングの理論やカウンセラーとしての基本的な在り方を学び,理解する。
自分自身についての洞察を深めると同時に,人を理解しようとする態度を養う。  

授業の内容
いくつかの心理的問題を取り上げ,それらに対する様々な心理学的アプローチを紹介することで,カウンセリングや心理療法についての概論的な知識を修得するようにします。また,カウンセラーに必要とされる基本的態度について理解できるよう解説を行います。これらは,人が,自分とは異なる存在である他者を受け入れることにつながる作業であるとも言えます。授業は基本的に講義形式ですが,自己理解を目的とした心理テストの実施も予定しています。  

教材
教科書は指定しません。毎回の授業で資料を配布し,適宜参考文献や参考書を紹介します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業計画はいくつかのトピックから構成されていますが,それぞれの内容は相互に関連している部分があるため,毎回の授業内容の理解には,先に学習した内容が理解され知識が定着されていることが必要となります。従って,毎回の授業の準備として,学習内容の復習を行った上で出席するようにしてください。  

成績評価の方法
学期末試験(80%),授業内での課題レポート(5%),授業内で数回実施するリアクションペーパー(15%)により総合的に評価します。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は授業後に受け付けます。それ以外の時間はサポートセンターを通じて連絡を取ってください。

備考
履修希望者数が多い場合,第1週のオリエンテーションにおいて履修制限を行うことがあります。履修を希望する場合は必ず第1週の授業に出席してください。また,授業はパワーポイントを用いて行いますが,授業内のスライドの撮影等は一切禁止とします。

授業計画
第1週オリエンテーション
第2週カウンセリングとは
第3週児童虐待
第4週児童虐待と心理的アプローチ
第5週発達障害
第6週発達障害と心理的アプローチ
第7週摂食障害
第8週摂食障害と心理的アプローチ
第9週自己分析(1):心理テストの実施と解釈
第10週自己分析(2):心理テストの解釈と課題レポート
第11週カウンセリング(1):カウンセリングの理論
第12週カウンセリング(2):カウンセリングの理論
第13週カウンセリング(3):カウンセリングの理論
第14週カウンセリング(4):マイクロカウンセリング
第15週授業内容のまとめと学期末試験の確認
授業計画は,履修者の状況や授業の進捗状況により変更することがあります。