科目名 スポーツ・健康科学演習IB 
副題 和の身体技法 
担当者 森田 ゆい 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 1〜  コース・ナンバー SPO-002-GG 

授業の到達目標
日本の踊りをはじめとする「和の身体技法」を体験することによって,日本に特有な身体文化や身体運動文化を理解し,和服を着た場合の所作や立居振る舞いとともにその文化的背景を学びます。その過程の中で,和服(浴衣)を自分で着る技能を習得し,国際交流の場において日本舞踊を披露できる能力を培うことも目指します。  

授業の内容
本授業では,主に日本舞踊と地歌舞を題材として「和の身体技法」を学びます。また日本舞踊の「踊り」と地歌舞の「舞」の違いについて理解を深めるための講義を行い,その上で,体験を通してそれぞれの「身体づかい」の違いを習得していきます。
踊る曲目は日本舞踊の「菊づくし」と地歌舞の「黒髪」です。「菊づくし」のまとめでは,数人ずつステージに上がり踊りを披露します。
本授業を通して,各自が和服を着こなし,踊ることとともに和の身のこなしを身に着けることを期待します。  

教材
授業時に紹介します。プリント配布。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
自宅で練習できるように音楽をお渡しできます。  

成績評価の方法
授業への参加意欲・貢献度(50%),技能の習得・理解度の確認(25%),レポート(25%)によって総合的に評価します。
(上記の目安は,進度や課題内容により多少変更する場合があります)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
メール可能 morita●musubinokai.org(change ● to @)

備考
基本的に各自で浴衣,帯,足袋,腰ひもを用意してください。(ただし足袋以外の貸し出しは可能です)
スポーツ・健康科学演習科目群の授業はすべて「実技・講義一体型授業」であり,必要に応じて講義のみの時間も設けますが,実践のなかで解説を織り込み理論的背景を講じながら授業を進めます。

授業計画
第1週ガイダンス・授業の目的と進め方
第2週浴衣の着方,基本的な立居振舞を通した日本の身体文化や身体運動文化の基礎的理解
第3週日本舞踊「菊づくし」
第4週
第5週
第6週
第7週「菊づくし」まとめ・理解度の確認
第8週「日本舞踊」と「地歌舞」概論
第9週地歌舞「黒髪」
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週「黒髪」まとめ
第15週総括