科目名 スポーツ・健康科学演習IIE 
副題 生涯スポーツとしてのバレーボール 
担当者 吉成 啓子 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 1〜  コース・ナンバー SPO-010-GG 

授業の到達目標
バレーボールの実践を通して,文化としてのスポーツについての理解を深め,同時に,判断力・社会性・協調性などを養い,生涯にわたってスポーツや身体活動を生活の中に取り入れていくことができるようにする。  

授業の内容
どのようなスポーツでも,その技術を修得することが楽しむための第一歩です。そしてその楽しいスポーツ経験が,生涯スポーツにつながっていきます。この時間では,バレーボールの技能をその理論的背景とともに習得します。集団種目の特性である個人が集団に対してどのように働きかけるかを理解し,実践します。また生涯スポーツの観点から体育・スポーツ活動を理解するための講義や体力トレーニングも並行して行います。  

教材
必要に応じてプリントなどを配布します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
日頃から健康管理に気をつけ,授業にはできるだけ体調の良い状態で参加してください。また,毎回習得した技術を復習すること  

成績評価の方法
授業への参加意欲・貢献度(50%),技能習得・理解度の確認(30%),レポート(20%)など総合的に評価します。(上記の目安は進度や課題内容により多少変更する場合があります)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は授業後に受け付けます。それ以外の時間は共通科目サポートセンターを通じて連絡を取って下さい。

備考
スポーツ・健康科学演習科目群の授業はすべて「実技・講義一体型授業」であり,必要に応じて講義のみの時間も設けますが,実践のなかで解説を織り込み理論的背景を講じながら授業を進めます。

授業計画
第1週ガイダンス:授業の目的と進め方
第2週自己の体力を知る:新体力テストの理解と実践
第3週グループ編成(1)
:基礎技術の習得(いろいろなパス練習:対人パス・円陣パスなど)/第1回リーグ戦(1)
第4週基礎技術の習得(いろいろなパス練習:ランニングパス・3人組トス練習)/第1回リーグ戦(2)
第5週基礎技術の習得(各種サーブ・アタック練習)/第1回リーグ戦(3)
第6週基礎技術を使った応用練習(アタックレシーブ練習)/第2回リーグ戦(1)
第7週基礎技術を使った応用練習(2段トス練習)/第2回リーグ戦(2)
第8週基礎技術を使った応用練習(サービスレシーブ練習)/第2回リーグ戦(3)
第9週グループ編成(2)
:コンビネーションプレーの習得(3人レシーブ・サービスレシーブ)/第3回リーグ戦(1)
第10週コンビネーションプレーの習得(シートレシーブ・コンビサービスレシーブ)/第3回リーグ戦(2)
体力テストの結果報告と自己体力評価
第11週コンビネーションプレーの習得(4vs4ミニゲーム)/第3回リーグ戦(3)
第12週チーム別練習(各チームで練習メニュー作成)/第4回リーグ戦(1)
第13週チーム別練習(各チームで練習メニュー作成)/第4回リーグ戦(2)
第14週チーム別練習(各チームで練習メニュー作成)/第4回リーグ戦(3)
第15週ゲームを楽しもう!(誕生日月選手権など)
授業の前半は,バレーボールに必要な体力トレーニングおよび個人・チーム技能練習。後半はゲームを行います。
授業計画は変更する場合があります。