科目名 国際文化交流演習VA(美術) 
副題 日本美術に親しむ 
担当者 上野 友愛 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー ART-006-GI 

授業の到達目標
日本美術に親しみ,その個性と魅力を自ら考え,発信する力を育成します。  

授業の内容
国際的に関心の高い日本文化から,この授業では美術分野に特化して講義します。
日本美術の歴史は,洗練された大陸の美術を学ぶことに始まりますが,平安時代には早くも日本人の美意識が認められ,独自の成長を遂げました。この授業では,日本中世絵画史の基礎事項を確認しながら,知られざる日本美術の個性と魅力,そして日本人の想像力の豊かさについて多角的に学びます。  

教材
参考文献:佐野みどり・並木誠士中世日本の物語と絵画放送大学教育振興会2004
日高薫日本美術のことば案内小学館2003
上野友愛・岡本麻美かわいい絵巻東京美術2015
教科書は特に指定しません。
その他の参考文献は,授業時に適宜紹介します。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業の予習・復習として,宿題を課します(4時間程度要する)。
期日までに自ら調べてまとめ,提出すること。  

成績評価の方法
平常点(授業への意欲,授業態度,コメントペーパー,宿題提出,見学会参加)50%,期末のレポート50%の割合で評価します。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
質問等は授業後に受け付けます。それ以外の時間はサポートセンターを通じて連絡を取ること。

備考
1.実習を行うため,履修希望者数によっては人数制限を設けます。
2.初回授業には必ず出席すること。
3.授業の最後に,毎回コメントペーパーを書いてもらいます。
4.学外の美術館見学を2回行う予定です。土曜もしくは日曜日に実施します。見学は,展覧会の開催状況によって,授業計画の順番とは異なる時期に行う場合があります(詳細は授業内でお知らせします)。見学に関わる費用は自費とします。

授業計画
第1週ガイダンス
第2週絵巻の魅力(1):絵巻とは?
第3週絵巻の魅力(2):絵巻の取り扱い実習
第4週絵巻の魅力(3):鳥獣人物戯画
第5週絵巻の魅力(4):鎌倉時代の絵巻
第6週お伽草子絵(1):お伽草子と下剋上
第7週お伽草子絵(2):お伽草子と場
第8週お伽草子絵(3):見えない世界を描く
第9週見学授業(土日いずれかに実施)
第10週日本絵画の景観表象(1):山水
第11週日本絵画の景観表象(2):風の仕組みを知る
第12週日本絵画の景観表象(3):古地図・垂迹曼荼羅・掛幅社寺縁起絵
第13週日本絵画の景観表象(4):参詣曼荼羅
第14週日本絵画の景観表象(5):洛中洛外図
第15週見学授業(土日いずれかに実施)
授業計画は,進捗に合わせて内容を一部変更したり,順序を変更する場合があります。