科目名 国際文化交流演習VB(美術) 
副題 美術館における国際文化交流 
担当者 丹羽 晴美 講師             
開講期間 春学期集中  単位 2 
曜日   時限  
配当年次 1〜  コース・ナンバー ART-007-GI 

授業の到達目標
美術表現を用いた国際交流事業において,具体的なアプローチを展覧会,広報,教育普及事業などの視点から考察することを目標とする。  

授業の内容
この授業では現代美術,写真・映像というメディアによる文化交流がどのように行われてきたのかを,展覧会,作品表現を通して考察します。また進行中もしくは過去の展覧会企画の分析や,これからの国際文化交流プログラムの展望,公的資金を運用する責務などについて,グループディスカッションを通して探ります。  

教材
授業中に指示。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
集中講義中の2日間(最終日を除く),予習(翌日の準備・登録人数,進行状況によって可変)が必要。  

成績評価の方法
受講態度(ディスカッション時等),発表内容

オフィス・アワー/教員との連絡方法
サポートセンターを通じて連絡。

備考
夏期集中講座(8月上旬〜9月初旬3日間程度予定)

授業計画
第1週国際文化交流/公的資金運用の実例
第2週
第3週
第4週
第5週
第6週公立美術館における国際文化交流について(東京都写真美術館の実例など)
ディスカッションプログラム
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週国際文化交流の責務と可能性
ディスカッションプログラム
第12週
第13週
第14週多様な国際文化交流のあり方について
第15週
夏期集中講座
(登録人数・進行状況によって,内容に変更あり)
実施計画)
1日目:国際文化交流/公的資金運用の実例
ディスカッションプログラム
2日目:公立美術館における国際文化交流について(東京都写真美術館の実例など)
ディスカッションプログラム
3日目:国際文化交流の責務と可能性
ディスカッションプログラム
多様な国際文化交流のあり方について