科目名 国際文化交流演習XI(ワシントン・セミナー1) 
副題 米国における文化政策/ 国際金融機関の組織と活動 
担当者 櫻井 大三 教授   M.ウーゴ 准教授         
開講期間 秋学期集中  単位 2 
曜日   時限  
配当年次 2〜  コース・ナンバー INR-216-GI 

授業の到達目標
米国における文化政策を理解すること。(ウーゴ)
国際金融機関の組織と活動を理解すること。(櫻井)  

授業の内容
米国での研修準備として米国における文化政策,文化財保護の仕組みや関連機関の活動について学び,学生によるグループ発表や意見交換を行う。米国の歴史や社会と照らし合わせ,ワシントンDCの都市計画や歴史的建造物,史跡,国立公園の保護と整備について理解を深める。(ウーゴ)
世界銀行および国際通貨基金(IMF)の歴史,組織構造および活動について,各班ごとに個別テーマを分担し,グループ報告および討論を行う。この作業を通じて,現代の国際経済・金融・開発の諸分野において,米国が果たしてきた役割と意義について考察する。(櫻井)  

教材
教科書:井出穣治、児玉千代子IMFと世界銀行の最前線 ―日本人職員がみた国際金融と開発援助の現場日本評論社2014
参考文献:Moeller, Gerard Martin, AIA Guide to the Architecture of Washington, D.C., 5th Edition, The Johns Hopkins University Press, 2012

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
授業期間が始まる前に参考書を読み,授業中に質問や討論ができるように準備すること。(ウーゴ)
各班ごとに分担テーマについての調査・検討を行い,報告原稿を取りまとめ,プレゼンテーションの準備をすること。(櫻井)  

成績評価の方法
授業参加の積極性(10%),レポートや発表(90%)を総合的に評価する。(ウーゴ・櫻井)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
金曜日 3限(ウーゴ・櫻井)
共通科目サポートセンターの副手に申し出ること。

授業計画
第1週ガイダンス
第2週5月午後1
第3週
第4週6月午後1
第5週
第6週6月午後2
第7週
第8週6月午後3
第9週
第10週7月午後1
第11週
第12週7月午後2
第13週
第14週7月午後3
第15週
5〜7月にかけて,火曜日の18時より報告会を開催する予定です。(ウーゴ)
7月〜8月にかけての土曜日の午後の時間帯を利用し,報告会を開催する。(櫻井)