科目名 生活文化演習I(染色) 
副題  
担当者 佐久間 敏子 講師             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 1〜  コース・ナンバー LIF-001-GJ 

授業の到達目標
日本の伝統工芸として現代に継承されている染色について,その歴史や技法を知り,作品制作することでより理解を深めることができる。  

授業の内容
染色の基礎的知識についての講義。より理解を深めるため沖縄の伝統工芸「紅型」によるテーブルセンターの制作を指導する。  

教材
適宜プリントを配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
配布プリントに目を通しておく。  

成績評価の方法
提出作品(50%)理解度の確認(40%)作品鑑賞レポート(10%)により評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
授業時間以外はサポートセンターを通じて連絡を取ること。

授業計画
第1週染色についての歴史・種類
第2週紅型についての歴史・種類
第3週紅型の用具・用布について
第4週紅型の型紙について(型置)
第5週豆汁・染液について(地入れ)
第6週色差しの方法について(色差し)
第7週
第8週くまどりについて(色差し)
第9週
第10週仕上げの方法について(色差し)
第11週仕上げの方法について(水元)
第12週現代の染色について(水元)
第13週現代の染色について(仕上げ)
第14週作品の講評
第15週まとめと解説