科目名 生活文化演習IV(食品加工) 
副題 食品加工 
担当者 阿部 誠 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 1〜  コース・ナンバー LIF-004-GJ 

授業の到達目標
食品加工の原理と実際を理解できるようになる。  

授業の内容
食品の保存性を高め,消化性,栄養的価値を向上させ,嗜好性を付与するなど,我々の食生活を豊かにしてきた加工技術と加工食品について,原理と実際を理解し食文化的な意義を考えていく。発酵食品を中心に食品加工について講義し,食品加工の実際を体験すると共に関連した実験・実習を行って理解を深める。  

教材
プリントを配付する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
毎回の授業には,前回の授業での疑問点を調査し不明な個所を質問できるようにして臨むこと。  

成績評価の方法
レポートの評価(約50%)と授業への参加状況の評価(約50%)を合わせて成績評価する。ただし,授業回数の3分の1を超えて欠席した場合は成績評価の対象としない。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
オフィスアワー(月曜日 13:00〜15:00,火曜日 10:30〜12:00)に研究室まで来てください。

備考
履修人数に制限があります。共通科目の事前調整を受けて下さい。

授業計画
第1週はじめに(授業の進め方)
第2週食品加工と微生物1
第3週食品加工と微生物2
第4週食品加工と微生物3
第5週アルコール発酵の条件
第6週アルコール発酵と酒
第7週麹の利用1
第8週麹の利用2
第9週麹の利用3
第10週発酵食品1
第11週発酵食品2
第12週乳の性質と加工1
第13週乳の性質と加工2
第14週乳の性質と加工3
第15週まとめ
授業計画は変更することがある。