科目名 図書館制度・経営論 
副題  
担当者 戸田 あきら 講師             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 第2セメスター〜  コース・ナンバー INF-283-LA 

授業の到達目標
1.図書館が,どのような枠組み(環境,制約)の中で活動しているか理解する。
2.図書館事業の進め方,目標のたて方及び目標を達成するための計画づくりの一般的方法を理解する。
3.図書館評価の考え方と基礎的な方法を理解し習得する。  

授業の内容
図書館に関する法律,関連する領域の法律,図書館政策について解説するとともに,図書館経営の考え方,職員や施設等の経営資源,サービス計画,予算の確保,統計と評価,管理形態等について解説する。  

教材
参考文献:糸賀稚児, 薬袋秀樹図書館制度・経営論』(現代図書館情報学シリーズ2版,樹村房2013

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
準備学習 次回の授業内容に挙げられた事項に関し参考書又は類似の資料で関連項目に目を通しておく 0.5時間
事後学習 授業の内容について振り返りノートの整理等をしておく 0.5時間
レポート 7時間
小テスト(2回)の準備 各4時間  

成績評価の方法
ア,授業期間中に2回(予定)小テストを行う。(30%)
イ,レポートを課す(課題及び提出期限は授業中に伝える。)(50%)
アとイの評価及び授業への積極性(20%)により評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
メールによる。メールアドレスは初回授業で伝える。

授業計画
第1週イントロダクション(この授業の目的,司書課程中の位置づけ,主な内容など)
第2週制度とは
図書館を規定する法律(1)教育基本法,社会教育法,地方自治法
第3週図書館を規定する法律(2)図書館法(沿革,第1条から第4条)
第4週図書館を規定する法律(3)図書館法(第5条から)
第5週図書館業務に関連する法(著作権法,個人情報保護法)
地方自治体における法令(条例,規則)
第6週公共図書館以外の図書館を規定する法律(国会図書館法,学校図書館法,大学設置基準)
第7週図書館政策(政策とは,国・行政・民間の政策)
第8週図書館を支える仕組み(日本図書館協会,図書館の組織,ネットワークなど)
理解度の確認
第9週経営とは(効果,効率の最大化)
第10週図書館財政と予算
第11週図書館職員(職員制度,職員の資質向上のための仕組み)
第12週経営形態(直営,委託,指定管理者)
第13週サービス計画(計画の内容,立案の手法・方法,実行管理)
第14週統計と評価
第15週図書館の危機管理(リスクマネジメント)
理解度の確認