科目名 図書館情報資源概論 
副題  
担当者 越塚 美加 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 1 
配当年次 第2セメスター〜  コース・ナンバー INF-194-LA 

授業の到達目標
図書館で扱う情報資源の多様性や個々の特徴,それらを図書館でどのように収集・提供するかについて理解する。  

授業の内容
図書館では,さまざまな形態の資料を図書館資料として扱っており,近年,その多様化はますます進んでいる。特に,電子メディア及びネットワークは図書館資料の枠組みを大きく変えることになった。これは,資料の多様性の問題だけではなく,図書館員の知識や技能の範囲の拡大,経済性,法的な枠組みの変化といった問題と密接に結びついている。
本科目では,図書館で扱われる多様なメディアの特性を,それらの出版・流通経路,図書館における蔵書構築及び評価方法,媒体の劣化や経済性を視野に入れた保存法等について広く理解することを目的とする。また,それらのメディアを扱うための図書館員の技能についても考えていく。  

教材
参考文献:平野英俊ほか図書館情報資源概論』(現代図書館情報学シリーズ樹村房2012
教科書は特に用いないが,授業の大筋は参考書としてあげた文献に基づくので,予習や復習に役立ててほしい。授業中にプリントを配布する他,参考書を適宜挙げていく。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
利用したことがないメディアについて,あるいはそれらの利用法について授業中に言及することが多いので,授業時間外に実際に確認して復習し,それらの特徴の習得に努めること。  

成績評価の方法
平常点(3割)(授業中にビデオを見た場合にレポートを求めたり,あるトピックについての意見を授業時間内にレポートとして求めたりする)及び期末レポート(7割)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜4, 5限
サポートセンターを通じて,あるいは,電子メール

備考
欠席した場合は,次週までにサポートセンターで配布資料の有無を確認して受け取っておくこと。

授業計画
第1週図書館資料の多様性
第2週図書館資料の出版と流通
第3週図書館における知的自由
第4週図書資料
第5週図書資料2
第6週逐次刊行物1
第7週逐次刊行物2
第8週電子媒体資料1
第9週電子媒体資料2
第10週行政資料と郷土資料
第11週障害者のための図書館資料と再生装置
第12週メディアの劣化と保存(マイクロ資料・光媒体)
第13週コレクション構築の仕組みと手法
第14週コレクションの評価
第15週図書館資料をめぐる社会的な動き