科目名 博物館概論 
副題 博物館学の基礎 
担当者 清水 敏男 教授             
開講期間 春学期集中  単位 2 
曜日   時限  
配当年次 1  コース・ナンバー MSE-181-CA 

授業の到達目標
博物館に関する基礎的な知識を習得することを目標とする。  

授業の内容
「授業のねらい」博物館概論ではまず博物館とは何かを理念,成立史の基本から学び,博物館の存在意義を理解する。さらに,我が国のみならず諸外国における法令,制度,組織を学び,実務を実行するうえでの基礎的知識を身につける。また学芸員について,理念,職責,実務について理論的かつ具体的に学び,専門職員としての知識を体得し自覚をもつことを目的とする。
「科目概要」西欧における博物館の歴史を説くことで博物館の概念成立の事情ならびに理念を学び,ついで日本における成立の歴史を学ぶことで理念,成立の経緯を学ぶ。我が国の博物館法ならびに関連法令,諸外国の法令を学び,定義,種類,分類,制度,組織,博物館に関わる組織等について理解する。学芸員ならびに博物館の諸職員の業務について定義から現実の業務にいたるまでその基礎的知識を身につける  

教材
教科書:清水敏男THE MIRROR東京書籍2016

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
教科書を熟読すること。博物館,展覧会の調査を行いレポートをまとめること。  

成績評価の方法
出席日数,博物館調査レポート(1000字×10本),期末レポート(2000字)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
木曜日12時半から1時,2時半から3時
メール shimizutsao●me.com(change ● to @)

備考
学芸員課程正規履修者となるためには,本授業ならびに「博物館展示論」の単位を履修1年目に修得しなくてはならない。

授業計画
第1週西欧における博物館の歴史と理念1(中世末からルネッサンス,絶対王制)
第2週西欧における博物館の歴史と理念2(啓蒙主義,近代)
第3週日本の博物館の歴史と理念1(幕末から明治)
第4週日本の博物館の歴史と理念2(大正から昭和,平成)
第5週博物館法を読む1(博物館の目的,社会教育法等関連法令,博物館の定義)
第6週博物館法を読む2(博物館の定義と事業:収集,保管,利用,教育等)
第7週博物館法を読む3(学芸員の定義,制度,職務,学芸員以外のスタッフ)
第8週博物館法を読む4(国立博物館,公立美術館と関連法令)
第9週博物館法を読む5(私立博物館と民法等関連法令,NPO法人)
第10週博物館法を読む6(登録博物館,相当施設,類似施設)
第11週博物館の収支・税金,マネジメント,知的所有権管理,契約
第12週展示,広報,出版,教育普及事業
第13週企画展覧会の製作の実際(企画から実施まで)
第14週我が国ならびに諸外国の博物館の現状
第15週まとめ(博物館学史,学芸員の責務,国際組織と国際協力)