科目名 国際関係分析演習IIC 
副題 情報・メディア・世論からみる国際関係 
担当者 石澤 靖治 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
国際情勢について,メディアから発せられる情報分析の理解を通じて複眼的な見方ができるようにする。  

授業の内容
まず国際情報を入手するための手段としてのメディアの特性を理解する。次にケーススタディを通じて国際情勢がどのような形で世界に広まり,世論が動き,政治的決断がなされたのかを解説する。  

教材
教科書:石澤靖治テキスト現代ジャーナリズム論』(Minerva Text Libraryミネルヴァ書房2008
その他随時指示する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
各2時間  

成績評価の方法
最終レポート(50%),口頭試問(25%),授業における小テストあるいは提出物(25%)

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜日12:30〜13:00
emailによる

備考
上記に変更がある際は,初回授業の際に示す。

授業計画
第1週国際関係とメディア・理論1
第2週国際関係とメディア・理論2
第3週国際関係とメディア・理論3
第4週国際関係とメディア・理論4
第5週国際関係とメディア・ケーススタディ1
第6週国際関係とメディア・ケーススタディ2
第7週国際関係とメディア・ケーススタディ3
第8週国際関係とメディア・ケーススタディ4
第9週国際関係とメディア・ケーススタディ5
第10週国際関係とメディア・ケーススタディ6
第11週国際関係とメディア・ケーススタディ7
第12週国際関係とメディア・ケーススタディ8
第13週国際関係とメディア・ケーススタディ9
第14週国際関係とメディア・ケーススタディ10
第15週まとめ
受講者の状況によって,内容と進行を変えることがある。