科目名 国際メディア分析演習I 
副題 映像メディア文化論 I 
担当者  光洋 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 4 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
日・仏・独・米の映像文化史に関する基礎知識の習得  

授業の内容
Donald Richie 氏の名著 View Film を使用し,映画のコマの行間をいかに読み取るかを学ぶ。取り上げる作品はいずれも世界映画史屈指の名作です。映像文化を理解するうえで,最適な教材と言えよう。  

教材
教科書:Donald Richie, Viewing Film, 研究社
プリント使用

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
3時間  

成績評価の方法
レポート 30% 発表 50% 試験 20%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
メールアドレス等は初回の授業で提示します。

授業計画
第1週映画の誕生1
第2週サイレントからトーキーへ Bronenosets Potemkin 「戦艦ポチョムキン」
第3週イタリア映画史
第4週ドイツ映画史
第5週フランス映画史 La Rgle du Jeu 「ゲームの規則」
第6週イギリス映画史 La Rgle du Jeu 「ゲームの規則」
第7週アメリカ映画史 1 Citizen Kane 「市民ケーン」
第8週アメリカ映画史 2 Citizen Kane 「市民ケーン」
第9週日本映画史 1 Tokyo Monogatari 「東京物語」
第10週日本映画史 2 Tokyo Monogatari 「東京物語」
第11週「映像が語る20世紀」1
第12週「映像が語る20世紀」2
第13週「映像が語る20世紀」3
第14週「映像が語る20世紀」4
第15週まとめ