科目名 現代文化演習B 
副題 ジェンダー・スタディーズ〜女性とスポーツをめぐる世界の動向 
担当者 荒井 啓子 教授             
開講期間 春学期  単位 2 
曜日   時限 3 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
「ジェンダー」と「異文化」の問題は時に相克する。また,「身体」を主体とする「スポーツ」はジェンダーの諸問題を包摂する。女性とスポーツを廻る世界の動向からそれらを学び検討する。  

授業の内容
ジェンダー学は,あらゆる地域のあらゆる文化のあらゆる性を対象として,「個の尊重」という人間の心地よさに近づく成果を求めている学領域である。しかし,多様なる文化の多様なる女性のなかで多様に存在するスポーツ事情に,果たしてジェンダー視線は万能であろうか。「多様性」というキーワードを中心に掲げ,「文化の尊重」と「ジェンダー」という2つの視点から,スポーツの現実の中に顕在・潜在する現代的問題について議論したい。また,近代オリンピックの歴史や理念に言及し,国際的組織の現状からジェンダー構造の諸相を考察する。  

教材
授業時に紹介する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
指定された資料を読み込むと同時に参考文献に当たり発表の準備をする。発表時にはレジュメを用意するとともに,その解説と質疑応答ができるようにする  

成績評価の方法
レポートおよび発表内容(70%)と討論内容等(30%)によって総合的に評価する

オフィス・アワー/教員との連絡方法
月曜日3時間目火曜日4時間目
メールで問い合わせるか,大学院事務室または荒井研究室に来室すること。(メールアドレスは授業時に伝える)

授業計画
第1週ガイダンス
第2週概説
第3週文献輪読
第4週
第5週
第6週発表・討論
第7週文献輪読
第8週
第9週
第10週発表・討論
第11週文献輪読
第12週
第13週
第14週発表・討論
第15週まとめ(授業計画は変更することがある)