科目名 国際マネジメント演習II 
副題  
担当者 金城 亜紀 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
大量の英文資料を読み込み,自らの意見を形成し,英語で説得力をもって主張しながらチームとして真理に接近する技法を取得する。  

授業の内容
日本とアジアの経済発展とその課題をケーススタディーを通して学ぶ。  

教材
演習前に配布する。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
最低週5時間の予習が必要である。  

成績評価の方法
授業への貢献:50%
レポート:50%

オフィス・アワー/教員との連絡方法
水曜日:14:45〜15:45(4222研究室)
e-mail: aki.kinjo●gakushuin.ac.jp (change●to@)

授業計画
第1週Introduction and kick-off: What we want to achieve and how
第2週Yataro Iwasaki: Founding Mitsubishi (A)(B) - the mavericks
第3週Honda (A)(B) - what strategy?
第4週The Miracle Years - too good to be true
第5週Japan as Number One (Vogel) - a perfect joke
第6週Implications for Asia (ex-Japan)
第7週Beyond the Bubble - it used to work
第8週The 1940 System: Japan under the Wartime Economy (Noguchi) - some things never change
第9週Demography: Shrinking Population Economics (Matsutani) - what goes up goes down
第10週China: Building "Capitalism with Socialist Characteristics"
第11週Haier: Taking a Chinese Company Global
第12週State Bank of India: Transforming a State Owned Giant
第13週Singapore's "Midlife Crisis"?
第14週Upgrading the Economy: Industrial Policy and Taiwan's Semiconductor Industry
第15週Samsung Electronics: Global Marketing Operations
This plan is subject to change for improvement.