科目名 地域社会分析演習II 
副題 中・東欧地域研究の諸問題(2) 
担当者 中島 崇文 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
欧語ないしは邦語による文献を精読することによって,中・東欧地域に関する専門的な知識を習得し,研究動向を把握する。  

授業の内容
毎週,文献を少しずつ丹念に読み,その内容について議論する。また,履修者の個別の研究テーマの発表も適宜,織り交ぜる。  

教材
授業で取り上げる文献については初回の授業で履修者の関心分野を把握した上で決めることとする。

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
文献は指定された箇所を事前に熟読し,授業で中身の濃いコメントができるようにしておくこと。各自の研究発表の際にはしっかりしたレジュメを準備し,それに基づいて発表できるようにしておくこと。  

成績評価の方法
授業に臨む姿勢(発表に臨む姿勢(約50%),議論への貢献の度合い(約50%)等)によって評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
オフィスアワーは月曜日の15:00〜16:00とする。それ以外の時間帯にも可能な限り対応する。用事がある際には直接,4号館2階の担当教員の研究室に足を運ぶか,メールにて連絡すること(メールアドレスは初回の授業でお伝えする予定)。

授業計画
第1週導入
第2週文献講読
第3週
第4週
第5週履修者の研究発表
第6週文献講読
第7週
第8週
第9週履修者の研究発表
第10週文献講読
第11週
第12週
第13週履修者の研究発表
第14週文献講読
第15週総括