科目名 企画立案(文化事業) 
副題 企画展の実際 
担当者 清水 敏男 教授             
開講期間 秋学期  単位 2 
曜日   時限 2 
配当年次 M1〜  コース・ナンバー  

授業の到達目標
企画力を高め,実施のノウハウを体得する  

授業の内容
「授業の目的」本科目では,学内外の文化事業の企画に実際に関与することで文化事業の企画立案の実際を学ぶとともに,文化事業の企画立案の実際を知るために,企画をたてるプロジェクトを実行する。
「授業の概要」下記の項目について学ぶとともに,学内での展覧会,アーティストによるトークショー等を企画実施することを通じて文化事業の実務を学ぶ。
1)企画立案の基礎(企画の目的,意味,時期,場所,政治など)
2)企画立案の実際(企画立案を遂行するために必要な資金と人事・組織)
3)企画の実施(調査,研究,企画立案,スケジュール管理,資金管理,広報,教育プログラムなど)
4)評価  

教材
教科書:清水敏男THE MIRROR東京書籍2016

準備学習(予習・復習)の内容又はそれに必要な時間
博物館美術館を調査しレポートをまとめること。アートプロジェクト等にボランティア等で参加することが推奨される。  

成績評価の方法
1)発表,2)期末レポートで評価する。

オフィス・アワー/教員との連絡方法
木曜日12時半から1時,午後2時半から3時
大学院事務室を通じて面談を申し込むこと

備考
「博物館実習」を学ぶ学生とともに学内ギャラリー等での企画展の立案,実施を行なう。とくにこれまでは教育普及事業を企画し,実施してきた。

授業計画
第1週企画のスタート(テーマ,スケジュール,役割分担などの討議)
第2週学生による発表
第3週
第4週
第5週
第6週
第7週
第8週
第9週
第10週
第11週
第12週
第13週
第14週
第15週総評